• TOP
  • >腸内フローラチェック プレミアム

腸内フローラチェック
プレミアム

腸内環境を「知る」から「識る」へ。
高精度な検査がお手伝いします。

ご存じですか?あなたの腸内フローラ

腸内には100種類以上、数百兆個から一千兆個もの細菌が住んでいると言われています。この腸内細菌の複雑な生態系を様々な花が咲き乱れているお花畑にたとえ、腸内フローラと呼びます。
腸内フローラを構成する多種・多様な細菌が、互いに関係しあっています。また宿主である人の健康や、感情にも影響を与えているとも言われています。特に最近の研究では、免疫や人の健康、肥満などに関係しているという報告が数多くされています。ますます自分の腸内フローラを知ることは、私たちの健康にとって重要になってきました。
腸内フローラチェック プレミアムは検体(便)中の細菌のDNAを検査することで、腸内の細菌の種類と、バランスを知るための検査です。
細菌の種類や、バランスを知り、自分の腸内フローラの現状を識りましょう。そして食事、運動などの生活習慣を改善して、腸内フローラを育てましょう。

腸内フローラチェック プレミアムの特徴

「腸内フローラチェック プレミアム」は、次世代シーケンサーで検体(便)中のそれぞれの細菌のDNA配列を解析、カウントしています。このDNA配列解析とカウントされた値から、便中の細菌の種類と割合を計算し、腸内フローラのバランスを推測します。
結果報告書では科学的な証拠(論文などのエビデンス)に基づき、多くのヒトで比較的良い影響を示す菌、悪い影響を示す菌を同性同年代との比較結果として以下の3項目について報告します。ご自身の腸内環境を識って、疾患の発症予防や生活習慣の改善指標としてご活用ください。

01腸内環境総合評価
  • 有用菌(ビフィズス菌)
  • 有用菌(酪酸菌)
  • 有害菌の少なさ
  • 腸年齢
  • 菌種の多さ(多様性)
02腸内フローラ型
  • プレボテラ型
  • ビフィズス型
  • ルミノコッカス型
  • バクテロイデス型
03健康度と
腸内フローラとの関連
  • 免疫・感染防御との関連
  • こころの健康状態との関連
  • 肥満・ダイエットとの関連
  • 美容との関連
  • お通じとの関連
  • 長寿関連

検査から結果までの流れ

予約→採便→解析→結果通知予約→採便→解析→結果通知

腸内フローラチェック プレミアムFAQ

検体は自分で郵送できますか?
検体は検査キットに入れ、予約をした医療機関へお届けください。医療機関からミルテルに送付します。
検査キットは自宅でどう保管したらよいですか?
採便前の検査キットは、室温冷暗所保管で問題ありません。
採便後の検査キットは、冷暗所で保管すれば約1ヶ月安定ですが、なるべく速やかに医療機関にお届けください。
病気の診断ができますか?
この検査は、あなたの腸内フローラを構成する細菌とバランスを知っていただくための検査です。病気の診断を目的としたものではありません。
検査の価格を知りたいです。
腸内フローラチェック プレミアムを契約している医療機関にお尋ねください。

腸内フローラチェック プレミアム
検査結果についての留意点

  • 本検査は、疾患の発症予防や生活習慣の指標としていただくことを目的としており、病気を診断するもので はありません。
  • 様々な病気において疾患患者と健康者の腸内フローラは、異なると報告されています。
  • 疾患患者の糞便を、実験動物に移植すると該当の疾患を発症することもあることから、腸内フローラの異常が疾患の発症に関与する可能性が示唆されています。一方、疾患患者に健康者の糞便を移植すると、疾患の改善につながるという報告もあります。
  • ヒトの健康に対して腸内フローラが何らかの影響を与えていることは間違いありませんが、逆に様々な要因(年齢、性別、食習慣、抗生物質、ストレスなど)の影響も受けます。したがって腸内フローラと健康との関係の解釈は難しく、構成する個々の菌を一律に良い悪いという評価をするのは難しいのです。
  • 本報告書では科学的な証拠(論文などのエビデンス)に基づき、多くのヒトで比較的良い影響を示す菌、悪い影響を示す菌を同性同年代との比較結果として報告します。

「テロメアテスト」と「ミアテスト」で
疾患予防・早期発見!

  • テロメアテスト 病気のかかりやすさがわかるテロメアテスト 病気のかかりやすさがわかる
  • ミアテスト がん・認知症のリスクを見逃さないミアテスト がん・認知症のリスクを見逃さない